EDM Banana 音楽オスソワケ

ステキElectronic Musicをオスソワケ

Porter Robinsonのニューアルバム"Worlds"がフルストリーミング試聴可能なのでレビュー!

f:id:marqs:20140805032908p:plain
8月13日に発売されるPorter Robinsonのニューアルバム"Worlds"がNPRというサイトで全曲試聴可能になっているのですが、残念ながら日本からは聞けないようです。しかしながら、Mixcloudにフルバージョンが上がっているので紹介します。早速聞けなくなっていました。YourEDMというサイトでは聞けるようです こちら→ http://www.youredm.com/2014/08/04/stream-porter-robinsons-debut-album-worlds-full-stream/

EDM Bananaも早速聞いてみましたが、EDMとは全く違う方向性の作品であるものの、シングル曲以外もどれもかっこよくて最高のアルバムだと思いました。やっぱりPorter Robinsonはすごいですね。Lion Hearted、Sea of Voicesを経て、Fellow FeelingからGoodbye To A Worldの当たりの流れとかやばすぎます。いや、一部だけではなく全体の流れが素晴らしいかなw。EDM Bananaはシングル曲(Sad Machine、Sea of Voices、Lionhearted、Flicker)以外だと、Years Of War、Fellow Feelingが特に好きですかね。Polygon DustやGoodbye To A World、Hear the Bellsも素敵だなあ。
Porterは以前インタビューで、「Electronic Musicの未来について一時は不安に思ったけど、今はとてもポジティブに思っている」といった内容のことを言っていましたが、まさにそのポジティブさを体現したような素晴らしいアルバムだと思います。このアルバムは、Porterのファン以外にインディーポップ/エレクトロやエレクトロニカ、アンビエントあたりが好きな人にもうけるんじゃないでしょうか?いろいろなファンが新たに増えると嬉しいですね。リリース後に色んなリミックスが出てくるのも楽しみだし、ライブもめちゃくちゃ楽しみですね。

Divinity (feat. Amy Milan)

少しノイジーでキラキラしたサビ部分と、Amy Milanの少し哀しげなボーカルがマッチした素敵トラック。キックドラムも印象的ですね。

Sad Machine

第二弾シングル。もう何度も感想を書きましたが、最高!儚く寂しい!

Years of War (feat. Breanne Düren and Sean Caskey)

アメリカの歌手Breanne DürenとオーストラリアのIndie RockバンドLast DinosaursのSean Caskeyをボーカルとして迎えた作品。ポジティブメロディが素敵。Breanne DürenはOwl Cityの曲への参加が有名みたいですね。Honey and the Beeとか好きです。とか書いてたら、EDM BananaはOwl Cityの来日ライブでBreanneの歌を生で聞いたことある!ということに気づきましたwかわいかったです。Porter Robinsonとのツアーでまた来日してくれるでしょうか?

Flicker

シングル第四弾。忙しくて感想をかけていないのでまた別で書きます!

Fresh Static Now

ボカロ曲ですね。これはどのボカロでしょうか?ボカロボイスをブリっとしたサウンドと共に使っていますね。

Plygon Dust(feat. Lemaitre)

ノルウェーのオスロ出身のインディエレクトロバンドLemaitreをフィーチャリング。サビの部分がちょっと8bit感あってかつメロディアスでかっこいい。Polygon Dustというタイトルも素敵ですね。

Hear The Bells(feat. Imaginary Cities)

カナダのインディー・ポップバンド Imaginary Citiesをフィーチャリング。サビ部分でぐわっと上げてきます。

Natural Light

アンビエント感たっぷり。長さも短いし、アート作品寄りですね。

Lionhearted(feat. Urban Cone)

第三弾シングル。こちらも何度か感想を書いてるのですが素晴らしい曲です。えれのあさんが出演しているMVもいいですね。

Sea of Voices

第一弾シングル。美しい!

Fellow Feeling

泣ける!そしてこの曲はダンサブル!!どうしようヤバイ。。。

Goodbye To A World

ボカロの儚いボーカルから、力強いメロディでぐっと押してきます。この儚さからのエネルギッシュな感じがとっても前向きになれます!アルバムの最後を飾るにふさわしい素晴らしいトラック。

Worlds

Worlds

  • Porter Robinson
  • Electronic
  • ¥1600