読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EDM Banana 音楽オスソワケ

ステキElectronic Musicをオスソワケ

ベースヘヴィーなHouse? 4月14日(金)に来日するAC Slater(エーシー・スレイター)に迫る

f:id:marqs:20170409012504j:plain

3行プロフィール

  • 2005年くらいから活動しており、2008年にMath Head - Turn the Music Upのリミックスでブレイク
  • これまでにTrouble & Bass RecordingsやParty Like Usといったレコードレーベルを設立し、現在はLAを拠点にレーベル"Night Bass"を主催している。
  • 自身ではSkrillexのレーベルOWSLAからリリースしたり、Tchamiとのコラボ、KaskadeやLOUDPVCK、Motezのリミックスなどを行っている。

レーベル"Night Bass"とは?

AC Slaterのレーベルで、UK GarageやオールドスクールRaveの要素を取り入れたベースヘヴィーな音を特徴としている。とか書いてもよくわからないと思うので、曲を聞いてください(笑) AC Slaterと、Night Bassレーベルの曲をいくつかピックアップしてみました。

AC Slater

AC Slater - Bass Inside

ボヨーン、ボヨーンっていうベースラインが最高で死ねます。

AC Slater - U Got 2

こちらもベースラインとキンコンカンコンした音で最高です。ピアノも素敵。

Tchami - Missing You (ft. AC Slater & Kaleem Taylor)

Tchamiとのコラボ。Tchamiのレーベル"Confession"からのリリースです。Tchamiが2015年にリリースしたEP"After LIfe"に収録されています。

Math Head - Turn the Music Up (AC Slater Remix)

AC Slaterがブレイクしたきっかけとなるリミックスだそうです。

AC Slater & Taiki Nulight - My Peoples

Nigth Bass

Destructo & Wax Motif - Beatdown (ft. Vanilla ACE)

Bananaは超好きです、これ。DestructoはHARD Summerなどのイベントの創始者でもありますね。

Jack Beats - Work It

Chris Lorenzo - Foot & Mouth

ライブはどんな感じ?

こんな感じです。Night Bassの他のアーティストも見れちゃいます。

EDM Banana的総括

AC Slaterの曲って、Houseなんですけど、Bass Houseでもなくて、UKの硬めのHouseでもオシャレHouseでもなくて、オランダのFuture Houseでもなくて、ダークだけど病みつきでクールなHouseっていう感じです。とっつきにくさはあるけど、聴き始めるとずーっと聞いてられるという感じです。超おすすめです。

来日イベント詳細

本イベントではBananaとしてラウンジでDJするので、EDM Bananaでもゲストディスカウント依頼受け付けております。Twitter DM/LINE/e-mailにて受付中です。

f:id:marqs:20170302133217j:plain:w400

日時

2017年4月14日(金)

場所

Sankeys TYO

イベント名

RAW feat. AC Slater & Crookers

イベント説明

L.Aで爆発的な任意を誇るレーベル・ブランド【NIGHT BASS】。そのNIGHT BASSを主宰し、【OWSLA】からもリリースを重ねるベースハウス勢としては非常に稀なDJ/プロデューサー AC SlaterがRAWにて初来日を果たす。 「ダンスミュージックシーンを長年経てきたからこその成功だ。」と言われる【NIGHT BASS】ブランド。昨年末にリリースされた Taiki Nulightとのコラボトラック『My Peoples』は爆発的に世界中に広がった。さらに【OWSLA】からリリースされた『Bass Inside』は彼の代表トラックとなっている。 追加アーティストと呼ぶには豪華すぎるであろうスペシャルゲストがもう2名。日本のダンスミュージックシーンを牽引し続ける SHINICHI OSAWAが【SUSHI RECORDS】イベントに初参戦、さらにミラノから独自のハウスサウンドで人気を博し、【Dim Mak】から世界的ヒット『I Just Can’t (Feat. Jeremih)』を世に送り出したCrookersが登場!

これまでにないアーティスト力、そしてそれらのアーティストが集まる意味をSankeys TYOで感じとってもらいたい。